自分さえ良ければ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

文章書くの久しぶり~。

 

先日、

”Go To トラベル”キャンペーン?

がスタートしたので早速、

関東方面の温泉旅行を計画しました。

せっかく関東方面に行くので、

ついでに東京は町田市にある、

「武相荘」(白洲次郎邸)

という観光地へ行こうと思い、

東京都町田市のホテルを予約しました。

 

ところが最近、

”東京都は除外”

というニュースを見てガッカリし、

さらには、

東京のホテルのキャンセルが相次いでいる

というニュースを見て、

ホテルや旅館やお土産屋さん等など、

観光にまつわる職種の方々は、

本当に苦労をしているだろうなと思いました。

 

感染を拡大させないという思いと、

経済活動の停滞という不安と、

それぞれの思惑が交錯しているのでしょう。

誰かが誰かを傷つけ合う、

そんな社会がまだまだ続くようですね。

しかも、

キャンペーン自体にも賛否両論らしいですね。

 

僕は特に、

思想や政治、

信条的にこだわりが無いので、

自分が得をする事には飛びつき、

そうでない場合はスルーです。

 

なので、

今回のキャンペーンは、

旅行好きの僕にとっては大チャンス!

海外にはまだ行けませんが、

だからこそ、

日本国内の行ってみたいとこ、

泊まってみたいホテルや旅館、

食べてみたいレストランでの食事など、

キャンペーン中は思いっきり、

楽しもうと思っています。

 

そうすることで、

頂いた給付金や、

貯めている貯金を使って、

国内経済への還元や支援が出来るという、

副次的な効果もあるのでいいかと思ってます。

 

逆に、

感染拡大の一因となる可能性も否定は出来ませんが、

起きてもいない事にビクビクするような僕でなかったりします。

 

可能性があるというだけで、

何もかもを自粛するなら、

失敗の可能性のあることは全て、

チャレンジしなければいいのに。

 

人間としてのダイナミックな人生を生きることよりも、

おうちの中の平穏のみの人生を生きればいいのに。

 

何かを恐れて生きる人生なら、

死という現実に恐れおののき、

不安な一生を過ごせばいいのに。

 

禍福は糾える縄の如し

波風ある人生だとわかっているのだから、

生きることそのものを放棄することをお勧めします。

きっと安穏な人生となるでしょうね。

ニルバーナですね。

 

ただ、

キャンペーン除外になった東京のホテルは、

おそらくキャンセルにして、

隣りの神奈川県のホテルを予約し直すでしょうね。

東京のホテルの方には申し訳ないとは思いますが、

思っているだけで、

わざわざ正規料金を払ってまで泊まるつもりはないです。

 

基本的にはこういう考え方をしているので、

自己中心というか、

自分さえ良ければそれでいいというか、

そういう下劣な奴です。

 

だから、

世間や社会がどうであれ、

自分的に得な事、

メリット有る事には関心があるし、

それ以外は常に無関心だったり。

 

その根本には、

世の中がどうなろうが、

良くなろうが、

悪くなろうが、

自分の生活は、

自分が目指すライフスタイルは、

自分の心の自由は、

変化がありません。

 

そして、

そのライフスタイルや自由は、

自ら決めたことで、

誰からも押し付けられず、

誰の意見にも左右されず、

誰からも評価されず、

ただただ自己満足でしかありません。

 

しかし、

ただ自分だけは満足しています。

そして社会の変化に合わせて出てくる、

お得な情報にちょこっと乗ってます。

 

ちなみに、

今回のコロコロ騒動にまつわる、

様々な環境の変化や、

政府の政策等などを、

総合的に考えて、

僕的にメリットが多いです。

 

きっと、

デメリットの多い方もいると思います。

が、

そこにはいちいち思いを馳せません。

自分さえ良ければいいので。

 

苦しんでる方を助けたいとか、

社会が少しでも良い方向へ向かうようにとか、

そういう気持ちは皆無です。

まずは自分なのです。

その自分の在り方の責任も自分だからです。

 

ただ思うのですが、

地球上の全員が、

自分さえ良いと思える状態になったら、

自分だけが良い状態なったと各々、

全世界の人々が思ったら、

一人ひとりがそれぞれ独自にハッピーなら、

それでいいんじゃないですか?

 

誰かを傷つける事無く、

自分だけが幸せだと思える状態は

実現可能だと思います。

 

そんなエゴの塊みたいな僕ですが、

エゴにも、

良いエゴと、

悪いエゴがあると思ってます。

次のブログでは、

その違いに関して書こうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*