ジコチューで行こう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のラジオ出演のブログで、

「僕は自己チューです!」

と書いた後に、

ちょっと気づいた事がありました。

 

前回のブログはコチラ
http://takayasu-style.com/2020/03/19/2020031902/

 

その気づいた事とは、

「自分さえ良ければいい」

と、

「自分ファースト」

は違う。

 

同じように感じますが、

「自分さえ良ければいい」は、

自分以外の他人はどうでも良い。

ひたすら自分の利益を図ること。

 

「自分ファースト」は、

先ずは自分の利益を図る。

が、

自分が満たされれば、

他人の事も考慮する気持ちは持っている。

 

表面的には一緒ですが、

自分が満たされた後、

他人まで視野に入ってるか、

入ってないかの違い。

 

だけど現代社会では、

自分が満たされることさえほとんどないので、

やっぱり見た目は同じ。

 

さて、

僕はどちらかといえば、

自分が満たされれば、

余裕が出来たなら、

他人の事も考慮してもいいかなって

思っています。

一応ね。

 

もちろん現状は満たされていないので、

どう見ても自分勝手な自己チュー。

他人の事を考える余裕が無いもので。

 

過去を振り返ると、

うまくいかない人生を変える為の、

自己啓発の本やセミナーなんかで、

”利他の精神”という言葉に洗脳されてきたので、

つい最近までは利他をやっていた。

 

やっていたというか、

やっていたのは”なんちゃって利他”。

サラリーマンの苦しみから抜け出す為に。

 

他人の為になる事を行えば、

回り回って自分に帰ってくる、

って思ってた。

情けは人の為にならず、

という諺のとおりに。

 

他人に対してたくさんの善い事をやったんだから、

自分にも大きな利益として返ってくるよね?

神様?

っていう態度で。

 

で結局、

思うような結果が返ってこないので、

さらに利他行を加速させて、

こんだけやったんだから願いは叶う、

って思ってずっと繰り返してた。

 

自分が幸せになる為には、

他人が幸せになってから、

が前提条件のような、

他人の幸せが踏み台のような、

まるで便利なツールかのような

考え方で。

 

正直今から考えると、

僕は本当のバカだったんだなあって、

我ながら思います。

 

見返りを求める利他行は、

利他とは言わず取引という。

コレを差し出すからアレをくれ。

ギブアンドテイク。

 

ずっと利他行と思ってたことは、

実際は自利行だったという悲劇。

そら人間として成長しなくて当たり前。

だからめっちゃ悩みました。

悩むべくして悩んだね。

 

本当の利他行は、

見返りがあろうがなかろうが、

他人の為に善い事をすること、

ではないだろうか。

 

確かに見返りがあることもあるけど、

見返りがあったことを殊更強調して、

成功する為に利他行をしなさい、

と宣う成功者は、

勘違いも甚だしくない?

そしてまんまと乗せられたバカな僕。

 

その反動といってはなんですが、

リハビリも含めて、

過剰な自分ファーストでもいいかなって

思ってたりします。

 

そうやって、

我儘放題の自分ファーストの結果、

今のライフスタイルがあったりします。

 

他人だって、

自分だって、

同じ人間。

誰かを幸せにしたいなら、

その誰かの中に、

自分も入ってはきませんか?

 

自分を満たすことは、

自分以外の誰が出来るんでしょうか?

 

自分以外の誰も幸せにしたくない

って言ってるんじゃなく、

1番が自分で2番以降は必然的に他人

ってこと。

自分は二人もいないからね。

僕はそいういう「自己チュー」かなって思います。

 

ちなみに、

 

「この瞬間を無駄にはしない

人生あっという間だ

周りなんか関係ない

そうだ

何を言われてもいい

やりたいことをやるんだ

ジコチューだっていいじゃないか?

マイウェイ

みんなに合わせるだけじゃ

生きてる意味も価値もないだろう

やりたいことをやれ

ジコチューで行こう!」

 

っていう歌詞の曲があります。

そういう時代なのかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*