FMちゃお「エコラブオントーク」出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、FMちゃおのラジオに出演しました。

生放送ではなくて録音番組です。

毎月第1と第3土曜日の19時から放送している、

「エコラブオントーク」という番組にゲスト出演しました。

 

内容は、

現在の生活を始めたきっかけは?

とか、

畑作業や古民家再生の事、

などを2回に分けてお話ししました。

 

これまでも同じ内容の事を

人前で話す事が多かったので、

普通に話している感じで

緊張せずに収録ができました。

 

それとパーソナリティの温川さんや、

FMちゃおの北山ヒロトさんや、

つどいの新福さんたちが、

うまく誘導してくれたので、

非常に助かりました。

 

1回目の放送は、
4/4(土)19:30~20:00
4/9(木)14:00~14:30

1回目の再放送が、
4/11(土)19:30~20:00
4/16(木)14:00~14:30

2回目の放送は、
4/18(土)19:30~20:00
4/23(木)14:00~14:30

2回目の再放送が、
4/25(土)19:30~20:00
4/30(木)14:00~14:30

です。

 

1回目と2回目は、

内容的に同じ流れで話しましたので、

主に畑や古民家の事について、

話しをしています。

 

また、

1回30分の番組を同じ内容で、

4回も放送するんですね。

ちょっとビックリ!

だから2本撮りで合計8回放送されます。

 

さて、

今回のラジオ出演のご依頼の際に、

こういった内容の話しを主にしますよ、

という連絡を頂いて、

そこで改めて自分の生活について、

考えを巡らす事となりました。

 

特にこの生活を始めるきっかけについては、

2011年の東日本大震災にまつわるアレコレが、

きっかけです、

といつも話しをしますが、

それだけでは伝えきれない、

自分自身の行動の源泉について

改めて認識しました。

 

というのも、

あの大惨事をきっかけにアクションを起こした方は

多数いらっしゃると思いますが、

その大部分はボランティア活動や寄付活動

だったんじゃないかと思います。

 

逆にその当時の僕は、

困っている東北の人々を助けてあげたい、

という意識の下にボランティア活動に出かける

ということはありませんでした。

 

多くの人々は、

困っている人を助けにボランティア活動を行い、

それが終わればまた、

通常の生活に戻りました。

 

僕は、

誰も助けてはいないけれど、

のちのち自分の生活を大きく変えることで、

自分だけを助けました。

 

同じきっかけで、

アクションを起こしたとしても、

他人の為に何かを行う人々と、

自分の為に行動する自分。

 

活動のベクトルが違うだけで、

他人か自分かの方向の差異だけで、

その後の人生が大きく変化するなんて、

なんとも不思議です。

 

その辺りの考え方というか意識の仕方が、

現在もあまり変わってなくて、

この生活を始めた当初は、

地域貢献だとか、

同じ考えの人を助けてあげたいとか、

そういうキレイ事を公然と言っていましたが、

自分の中にそういった気持ちが、

ほとんど無い事に最近気づきました。

 

そういう気持ちが無いくせに、

まわりの目を気にしたり、

奉仕活動をするものだという固定概念、

良い人と周囲から思われたい、

などの気持ちがそう言わしていたんでしょう。

 

正直、

僕は自己チューです。

自分ファーストです。

だから他人にあまり関心がありません。

 

他人が困っている姿を見て、

自分がそうならない為の対策を立てる人間です。

唯一、

誰か他人を助けたいという欲望が、

無性に駆り立てられた時は、

たぶん助けようと行動すると思います。

が、

それは自分の欲望に忠実なだけです。

 

なので、

よっぽど普通に生活をしているように見える

大勢の人たちの方が、

立派な心持ちで社会や他人に対して

思いやりがあったり貢献していたりするのですが、

なぜかラジオに出演して話しを聞かれるまでには

なかなか至らない。

 

こういった内容を書いているのも、

環境活動やエコ生活が素晴らしい

と賞賛されがちである事と、

それを実践している人が立派だとか、

スゴイと思われがちである為に、

自分自身の意識と周囲の評価のギャップを

いつも感じてしまう為です。

 

あくまでも、

古民家再生だとか、

自然農法だとか、

循環型の生活、

持続可能性の追求などの、

タカヤススタイルのテーマとして掲げていることは、

自分の為。

エゴイズムの表現。

 

東日本大震災での惨事を目の当たりにして、

自分がこれから生き残っていく為に、

どうすればいいかを考えた結果、

現状のライフスタイルに挑戦しているだけです。

 

決して、

こういったライフスタイルを実践することで、

他人を助けたり、

地域を活性化したり、

多くの人を啓蒙したり、

という事は計画しておりません。

 

ただただ、

興味をもって見つけてくれた誰かの

何かの参考やヒントになるかもしれない、

そういった僅かな可能性の為に、

活動状況や考え方を発信するのみです。

それも気分次第で止めるかもしれないし、

なによりも、

やりたいからやってるだけです。

 

当初は後付けで、

いろいろ良い人ぶった事を言っていましたが、

よくよく自分を分析してみると、

全くそうではない自分勝手だという結論に

至りました。

 

恥ずかしい限りですが、

誤解されたイメージを持たれない為に、

現状の考えを表明しました。

今後もおそらく、

そういった考えで行動していくと思います。

 

失望しようがしまいが、

それはあなた次第。

僕には関係のない事ですから。

 

余談ですが、

ラジオ収録の後に、

もう一番組、

「情報プラザ八尾」

にも飛び入り出演させていただきました。

 

放送は、

3/23(月)の12:00、19:00、23:00

の同じ内容が3回です。

 

”きんぱく”の館長である大橋さんと、

「きんたい廃校博物館」について、

お話しを伺っています。

こちらもよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*