軸を持て!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軸を持ちなさい

と、よく世間では言います。

軸を持っていないと、

お前ブレブレやんけ!

って言われます。

 

そう言われない為に、

軸を探す事になるんですが。

果たして軸は何処にあるんでしょうか?

 

ここで非常にナイーブな話に触れるので、

嫌われ覚悟で書きます。

あっ、元々嫌われているから問題ないか・・・。

で、

 

一番簡単でスピーディーな軸といえば、

宗教になります。

 

たとえば、

タカヤススタイル教の信者の皆様は、

教祖である町田尊師の

発言、

ブログ、

SNS,

などなどで情報をつぶさにチェックします。

ブログはプリントされて経典にし、

肌身離さず携帯。

 

そして逐一、

自分の行動を、

尊師の発言やブログに照らし合わせて、

間違っているかいないかの

判断を行います。

 

もし町田尊師が、

「口に入れる食べ物は自然のものだけ」

と発言しようものなら、

普段の食生活は一変、

自然農法で作られた作物を探し回って

日々食べる事になります。

 

誘惑に負けて、

マクドナルドで、

ポテトとビックマックなんかを食べた日は、

町田尊師を思い浮かべて、

涙ながらに懺悔します。

 

そして今の自分の心境に合った言葉を

ブログやSNSから拾い出してきて、

それを励みにもう一度頑張ります。

いわゆるこれが軸です。

 

この、

「自分の行動を、

尊師の発言やブログに照らし合わせて、

間違っているかいないかの

判断を行います。」

って部分が特に軸。

 

あらゆる宗教は、

あらゆる問題に対して、

最適解を用意してあるので、

それなりに問題は解決します。

 

宗教だと話しは早いのですが、

無宗教の方は代わりの何かを軸にします。

 

歴史上の人物だったり、

大物政治家だったり、

大経営者だったり、

自分の両親だったり。

代わりの何かは、

具体的な解決策の提示が無いので、

ほぼ迷うことになりますけどね。

 

宗教だろうが、

代わりの何かだろうが、

人や組織は変われど、

軸のシステムそのものには変化はありません。

 

つまり軸に照らして判断する。

軸は例えて言うなら、

モノサシ

とも言えます。

 

モノサシを持っていると、

対象の物のサイズが即座に測れます。

モノサシを持ってないと、

相対的な判断しか出来なくなる。

 

アレよりは長い。

コレよりは短い。

絶対的か相対的か。

だから軸を持つと、

行動に一貫性が出てくるので、

良しとされる。

 

ホントにそうなのか?

 

世界にはモノサシがたくさん有ります。

センチ、

インチ、

寸、

キュビット、

ベルスタ、

ハロン

etc…

 

そのどれもが何かを根拠に、

メモリを刻んでいる訳ですが、

使用する側は、

そんなことを考えて使いません。

 

1センチがなぜ1センチなのか。

住む場所や時代が変われば、

なぜ同じ物を測るモノサシに

違いが出るのか。

 

軸が良しとされることに疑問を持つのは

そういったところにあります。

 

尊師が化石燃料は奪い合いの精神だと言ったから、

モノサシは5センチを指していたから、

それを自分の行動に変換すると、

車には乗らない、

これは5センチに間違いない、

となる。

 

そこに、

化石燃料は枯渇しないので満たされている、

とか、

これは17キュビットではないだろうか、

という視点はありません。

 

つまり、

常に自分の頭で思考して判断する

ということを放棄して、

判断を何かに依存させた楽な状態

が軸なわけです。

 

だから、

常に自分の頭で思考して判断する

、がもし出来るならば

軸は必要ありません。

 

もし、

1センチの根拠に言及できるのであれば、

モノサシは不要。

世の中に絶対的な存在など無く、

すべてが相対的に変化し合っているから、

という認識さえあれば。

 

自分自身に言えることとして、

「軸を持たないという、軸を持て!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*