ハウツー土壁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一番最初はたくさんの土が必要

バンビーノさんリノベ!

前回は5/6の屋根修理でした。

「屋根の修復、雨漏り防止」
http://takayasu-style.com/2018/05/06/2018050601/

今回からは部屋の中をやります。

 

「トイレだったところをウォークインクローゼットに」

部屋中の一発目は、元ボットン便所だったところをウォークインクローゼットにリノベします。

いきなり難易度高そう~。

外観はこんな感じ

外観はこんな感じ

いかにも取って付けたかのような。

母屋に後で増築したんでしょうね、この感じ。

しかも入り口は一旦外に出てから入るという趣向です。

シブイね!

 

和式便器が虚しくポツンと

和式便器が虚しくポツンと

中はこんな感じ。

幸いにも、便器から下は何も無かった。

というか汚物はどうやって溜めてたんかなって感じの下の部分。

なので、普通の床に便器を付けた感じで。

 

便器を撤去

便器を撤去

邪魔な便器やら内部の構造などをもろもろ撤去。

 

「外からの入り口を壁にしてしまう」

次に、外から入る入り口部分を壁にします。

もうひとつ母屋の中から、かなり狭い入り口があって、そっちを入り口として採用するとのこと。

外から侵入可能なシブいウォークインクローゼットにはしません。

貫を差し込む為の穴を空ける

貫を差し込む為の穴を空ける

柱にドリルとノミで穴を空けます。

 

貫を差し込む

貫を差し込む

空けた穴4箇所に貫を差し込みます。

貫は壁の強度を上げるため、水平方向の固定のために使います。

と、ここまでは5/25(金)と6/8(金)の2日でやりました。

 

「土壁はこうやって作る、オレなりの土壁」

で、今日の作業。

本格的に土壁作りをします。

細くて丸いめ竹

細くて丸いめ竹

土壁の下地を作るために、竹を格子状に組んでいきます。

通常、竹小舞(たけこまい)といい、割竹が使われます。

が、ここでは園芸用の丸竹のめ竹を使ってます。

「植物にやさしく、つるがよく巻く」って書いてある。

 

柱に5cm間隔で釘を打つ

柱に5cm間隔で釘を打つ

柱に釘を打ち込み、水平方向の竹の受けとします。

 

壁の幅にめ竹を切る

壁の幅にめ竹を切る

柱と柱の間に、水平に竹を入れるので、寸法を合わせて竹を切断します。

 

寸法を合わせた竹をしならせて入れていく

寸法を合わせた竹をしならせて入れていく

柱と柱の間に、切断した竹をしならせながら釘に差し込んでいきます。

割竹でなく丸竹を使う理由はコレができるから。

楽チン簡単な方法です。

 

しならせ過ぎて折れる

しならせ過ぎて折れる

しかしたまに、しならせ過ぎると竹が折れるので要注意。

 

オリジナルの壁は割竹を使ってる

オリジナルの壁は割竹を使ってる

となりのオリジナルの壁では割竹を使ってました。

 

水平方向の竹を入れたところ

水平方向の竹を入れたところ

水平方向は全て入りました。

次は垂直方向です。

 

竹がハマル穴を数箇所空ける

竹がハマル穴を数箇所空ける

垂直方向の何本かは、柱に穴を空け、そこに差し込み固定するようにします。

それ以外はさっきと同じで釘で固定します。

 

垂直方向も竹が入った

垂直方向も竹が入った

垂直方向も水平方向と同じように全部入れていきます。

天然の竹なので、くねくね曲がってて、キレイな格子状にはなりません。

その辺が自然な感じやね。

 

シュロ縄、竹を編む用

シュロ縄、竹を編む用

この格子状の竹組みに、シュロ縄を使って竹と竹を結んでいきます。

 

強い力でひっぱりながら、竹を固定させていく

強い力でひっぱりながら、竹を固定させていく

縄で編む作業は、全ての竹に行うので、かなり時間がかかる。

そして、力を入れながらなので手が痛いし、マメできた。

 

縄を編めたところ

縄を編めたところ

縄で編むと、くねくねが多少マシになりました。

多少やけどね。

でも壁の強度は格段に上がってます。

さすがに全部編むと強度が増すんですね。

 

数箇所だけビスで固定

数箇所だけビスで固定

数箇所だけは念の為に、貫と竹をビスでもんで固定します。

 

裏面からベニヤ板を貼り付ける

裏面からベニヤ板を貼り付ける

土をキレイに塗るために、裏面にベニヤを仮に貼り付けます。

 

マスキングテープで汚れ防止

マスキングテープで汚れ防止

マスキングテープもしっかり貼って、塗装汚れを防止しましょう。

これ意外と大事。

 

「土壁用の土は数週間前からスタンバイ」

土壁の基礎になる粗土は、だいぶ前から用意してました。

塗る用の土はなんでも良いわけではなく、作り方というものがあります。

地面に穴を掘る

地面に穴を掘る

地面に土作りの為の穴を掘る。

 

解体した土壁を再利用

解体した土壁を再利用

以前解体した土壁の廃材を使って、フルイにかけ、細かい土を穴へ集めます。

それから稲藁を細かく切って混ぜ、水を加えて混ぜ合わせます。

そしてフタをして1週間以上は寝かせます。

 

しばらく置くと完成

しばらく置くと完成

しばらくしてからフタを空け、もう一度練り込んで完成。

地面の土の微生物を取り込み醗酵させ、いい具合に粘りがでてきたものを壁に使います。

 

一番最初はたくさんの土が必要

一番最初はたくさんの土が必要

竹で組んだ下地に、土を塗っていきます。

最初に塗る土は、かなり大量の土が必要になります。

土を塗る際、ウラ面のベニヤが壁になってくれるので、非常に塗りやすくガンガンいける。

コレが無かったら、裏面にボトボト土が落ちて、掃除が大変。

 

塗り終わり、ひとまず完成

塗り終わり、ひとまず完成

全体が塗り終わりました。

これだけの大量の土を塗ったので、乾燥させるのにかなりの時間が必要。

 

ウラ面のベニヤを外したところ

ウラ面のベニヤを外したところ

最後にウラ面に貼り付けたベニヤ板を外します。

うまく土が竹と竹の間に入ってくれています。

この土が乾いたら、次はこの裏面をボコボコが滑らかになるように塗り重ねます(2層目)。

さらに表面も塗り重ねる(3層目)。

それから仕上げ前の中塗りを表(4層目)と裏(5層目)に。

そして仕上げも漆喰とかの塗りにする場合は、表(6層目)と裏(7層目)に仕上げの塗り。

合計で7層の塗りになります。

 

とにかく手間も暇もとんでもなくかかる土壁。

そりゃ誰も今更やらんわな。

じゃあなんで土壁にするのか。

それはメリットがたくさんあるからですよ~♪

 

【関連ブログ】

「屋根の修復、雨漏り防止」 2018.5.6
http://takayasu-style.com/2018/05/06/2018050601/

「古民家リノベーションがスタート!」 2018.1.13
http://takayasu-style.com/2018/01/13/2018011201/

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*