オーガニックコットンでカイワレダイコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翌日、葉の色が緑に変わってる

去年の今頃にお手伝いをしたオーガニックコットンの畑。

手伝った甲斐があって、たくさんのコットンの収穫がありました。

その一部をいただいたのですが、さて、活用に困った。

 

 

「糸にするのは大変、布にして服になるのはいつのことやら」

ちょうど去年の今頃に畑を手伝ったブログがありました。

「アッチで洋綿、コッチで和綿」 2017.6.13
http://takayasu-style.com/2017/06/13/2017061301/

オーガニックコットンを植えるために耕運機をかける

オーガニックコットンを植えるために耕運機をかける

ここで2017年の秋に収穫したオーガニックコットンを、畑の主の島崎さんご夫妻からいただきました。

が、糸を紡ぐ技術があるわけでもなく、さりとて習得に割ける時間もなく。

糸ができなければ、布が出来ず、当然服には辿りつかず。

 

収穫したオーガニックコットン、ふわふわしてて気持いい

収穫したオーガニックコットン、ふわふわしてて気持いい

これを糸にするのは本当に難しい。

糸紡ぎをマスターするのに気合と根気と時間が必要。

そのどれも持ち合わせていないので、糸紡ぎは断念。

 

で、ずっと押入れに眠ってるわけですが、でも活用しないともったいない。

って思ってた。

でも活用のアイデアが出ない。

そして最近、秋に植えた大根の種子を自家採取してたところ

 

大根の種、こんな形のサヤが出来る

大根の種、こんな形のサヤが出来る

ふと思った。

スプラウト!

サヤを割ると、中からタネが出現する

サヤを割ると、中からタネが出現する

スプラウトの土台にオーガニックコットンはどうかと。

もともとカイワレダイコンを作ろうとは考えてたけど、土台はスポンジにする予定でした。

でも、スポンジの代わりにオーガニックコットンがあるじゃないか!

ってわけで。

 

コットンに水を含ませ、タネを蒔いて、フタをかぶせた

コットンに水を含ませ、タネを蒔いて、フタをかぶせた

早速やってみた。

まずは器にコットンを敷いて水を含ませ、タネを蒔いた後にフタをかぶせる。

 

フタを開けると発芽していた

フタを開けると発芽していた

待つこと3日、フタを開けると見事に発芽。

 

翌日、葉の色が緑に変わってる

翌日、葉の色が緑に変わってる

翌日、フタが開いて光合成をしたハッパは緑に変色していました。

オール自家製のカイワレダイコン。

かなり価値高いぜ。

 

ちなみに種まきから大体一週間くらいで食べれるそうです。

これでオーガニックコットンの活用法がひとつできたな~。

ってもったいないかな?

 

「春ソバを刈り取りしました」

今年の春に蒔いたソバがそろそろ収穫時期となりました。

関連のブログはコチラ
「あの耕作放棄地の畑が、らしくなってきた」
http://takayasu-style.com/2018/04/05/2018040501/

 

すっかり実が付いて黒く変色した春ソバ

タネを蒔いてから約70日

タネを蒔いてから約70日

さすがソバ、耕作放棄地の肥料分がほぼ無い状態の土で、しっかり育ってくれました。

ソバは救荒作物ともいい、荒地でも栽培が可能なんですね。

まさに耕作放棄地の一発目の作付けには最適。

 

4畝分のソバを鎌で刈っていく

4畝分のソバを鎌で刈っていく

これを鎌を使って手で刈り取っていく。

4畝分でも結構な重労働。

刈り取ったソバは乾燥させるためにブルーシートの上に置く

刈り取ったソバは乾燥させるためにブルーシートの上に置く

刈り取ったソバを乾わかす為に、一旦はブルーシートの上に刈り置きします。

乾燥させた後は、地道に手作業で脱穀し、さらに粉にします。

穀物類はこの脱穀がめんどくさい。

手作業なもんで。

今後、機械の導入を検討します。

 

「堆肥作りにハマってます」

今年から借りた新しい畑でも堆肥作りを始めました。

草を刈って積み重ねるだけ

草を刈って積み重ねるだけ

堆肥の作り方は、ただただ、刈った草を積み上げていくのみ。

 

サラサラの堆肥になってる

サラサラの堆肥になってる

1年くらい経つと、アラ不思議。

サラサラの堆肥が出来上がる。

もちろん途中で切り返しは数回するものの、基本は放置。

それでここまで分解するんだから、自然の力は偉大です。

 

原料になる草はまだまだある

原料になる草はまだまだある

新しい畑もボチボチ開墾していますが、それでもまだ半分くらいは草ボウボウ。

堆肥の原料がたくさんあっていいわ~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*