2階のリノベーションが始まりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これから天井を破ります

やろう、やらなきゃって思ってた2Fのリノベーション。

やっと手をつけました。

先ずは天井を抜いて、屋根の状態を観察するところから。

 

 

「雨漏りが心配で、天井を抜いて見たかった」

 

ホコリ対策の完全防備。なぜかピースサイン

ホコリ対策の完全防備。なぜかピースサイン

2階の3部屋の天井すべてに、雨漏りの染みが全体的にあったので、心配で心配で。

現状は雨漏れしてる部分は、表面的には無いんだけど、潜在的に漏れてたら怖いから、一刻も早く天井を抜いて見たかった。

と、その割に、今までやる気が起こらず放置していました。

 

天井裏にはすごい量の土が載っていた

天井裏にはすごい量の土が載っていた

天井を抜いてみると、ものすごい量の土が乗っかっていました。

土の厚さが天井裏に5cmほどありました。

確かに天井がたわんでたから、なんでやろって思ってましたが。

まさか土が結構な量で乗っかってたなんて。

 

ホコリ対策でブルーシートを敷く

ホコリ対策でブルーシートを敷く

天井裏のホコリが嫌で、今まで放置してたってのは正直あるけど。

ここまでひどいとは思ってもみませんでした。

土をチリトリで掬って袋に入れるものの、漏れた土がどんどん落下していく。

ホコリ対策のブルーシートも準備してて良かった、マジで。

 

天井を撤去して、屋根がどんどん見えてきた

天井を撤去して、屋根がどんどん見えてきた

ところが、後でお義母さんに聞くところによると、天井に土を載せるのは火災防止、延焼防止だとのこと。

つまりは、火事になって天井まで火がまわったら、天井裏の土が落ちてきて自動消火するってわけ。

すごいじゃん、昔の人の知恵!

ところが、その土をまるまる撤去しちゃう僕。

土を載せる賢い昔の人と、撤去しちゃうアホの僕。

 

6畳の部屋の天井が撤去できました

6畳の部屋の天井が撤去できました

で、丸一日かかって、2階にある3つの部屋のうちの一つ、6畳の部屋の天井が撤去できました。

ここまでが5月3日の話し。

そして今日、5月16日にその続きで、3畳の部屋の天井を撤去しました。

 

3畳の部屋の天井を撤去

3畳の部屋の天井を撤去

こちらも同じく、天井裏には厚さ5cmの土がたんまり積もってた。

そして同じように袋に詰めながら、撤去し、天井を抜いていきました。

で、結果として、6畳と3畳の部屋の屋根から雨漏りはしておらず、ホッとしています。

残すはもうひとつの6畳の部屋。

ここをいつやるか、思案中です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*