またまた屋根修理、今度はかなりハード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
雨漏りで朽ちてボロボロ

近所の方より、「お兄ちゃん、修理できるかどうかわからへんけど屋根見て~」っていう依頼が突然ありました。

で、見に行ったら、「無茶苦茶ヤバイやんっ!修理なんて無理!」って状態で。

 

 

「修理なんて無理」

雨漏りしてボロボロ、木も朽ちてる

雨漏りしてボロボロ、木も朽ちてる

軒下が悲惨なことになっているのを、つい最近知ったご近所さん。

あまりのひどさに、よう今まで気づかんかったもんやね~って感じです。

どう考えても修理なんて不可能やけど、工務店とかに頼むと、マジでいくらかかるかわからない。

 

 

穴がポッカリ2つ空いてる

穴がポッカリ2つ空いてる

朽ちた部分を撤去してみると、ナント屋根にポッカリと穴が2つ空いているじゃありませんか。

そりゃ木が腐ってボロボロになってしまうわな。

周りの形が保っている木も、実は腐っていてスカスカ。

 

屋根をはがして、壁の中から出てる木材を替えてって作業を工務店がしたら、ゾッとするくらいの値段、きっと。

ご近所さんもどうしたらいいか分からなくて困っていたので、「見た目も悪くて、応急的な処置で、数年ぐらいはもつくらい」だったら何とかできるかもって事で、応急処置することになりました。

 

「応急処置で、見た目もダサくていいなら、なんとかなるかも」

道具と材料を揃えて

道具と材料を揃えて

ホームセンターで材料と道具を揃えて、応急処置スタート!

 

銅の板を貼り付けて穴をふさぐ

銅の板を貼り付けて穴をふさぐ

先ずは銅板を貼り付けて、穴を塞ぐところから。

 

隙間から水が漏れないようにコーキング

隙間から水が漏れないようにコーキング

銅板の周りの隙間から、雨漏りしないようにコーキング剤でしっかり隙間を塞ぐ。

 

コーキングしたところ

コーキングしたところ

隙間を塞げたらこの後、屋根に登って上から、穴を塞ぐためのコーキング剤を注入して、上下から穴を塞ぎました。

 

ベニヤ板を貼り付ける

ベニヤ板を貼り付ける

屋根を下から支えている木が腐ってほとんどない為に、板を広範囲に貼り付けて、面で支えることにしました。

見ために不細工になるとは思いますが・・・。

 

左右からベニヤ板を貼り付ける

左右からベニヤ板を貼り付ける

左右からベニヤ板を貼り付けていますが、真ん中はビスを打てるところが腐っていて無いために宙ぶらりん。

 

真ん中の接合部に銅板を貼り付ける

真ん中の接合部に銅板を貼り付ける

補強の為に、真ん中の接合部分に銅板を貼って、接合させる。

 

数本の木材で下から支える

数本の木材で下から支える

さらに左右4本ずつの木材で、下からベニヤ板を支える。

ここも中央はビスが打てないので、宙ぶらりん。

ビスが打てた箇所は、左右合わせて4箇所のみ。

 

真ん中に接合金具をつけて固定

真ん中に接合金具をつけて固定

宙ぶらりんの接合部を固定させる為に、接合金具でつなぐ。

 

見える部分の隙間に板を貼る

見える部分の隙間に板を貼る

ベニヤ板の上部に隙間が出来るために、隙間を隠す目的で正面に板を貼る。

 

周りの色に合わせて着色する

周りの色に合わせて着色する

最後に、周りの色と同じような塗料を塗って仕上げ、完成。

真ん中の朽ちたところを、どう支えるかが課題でしたが、広範囲に面で支えるということでなんとか処置できました。

これで数年は大丈夫、これでダメになれば高額の修理費を出して、工務店にやってもらいましょう。

ちなみに今回の処置費用は、材料だけで12,000円くらいでした。

激安!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*