屋根の修復、雨漏り防止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
屋根の雨漏りを修復

ひさしぶりのバンビーノさんのリノベの投稿です。

前回の記事はコチラから
「古民家リノベーションがスタート!」
http://takayasu-style.com/2018/01/13/2018011201/

 

リノベーションの方向性も決まり、作業段階に入っていきます。

 

 

「雨漏り箇所が発見され、そこの修復」

屋根の上から、高安山を望む

屋根の上から、高安山を望む

家屋の一部の解体を終え、実際のリノベーションをどう行うかで、作業がストップしていましたが、概ね方向性が定まり作業再開となりました。

さて、ご主人様が中2階で作業しているときに、部屋の内側から雨漏りらしき形跡を発見。

雨漏りは何と言っても、最重要課題。

屋根が腐って落ちてしまうと、修復不可能なので、リノベーションはそこの修復をまず手始めにスタートしました。

 

土が思いっきり詰まっている!

土が思いっきり詰まっている!

下から見る限り、雨漏りらしき箇所に雑草が生えていたので、そこを目指して屋根に登る。

すると見るからに大量の土で詰まってる箇所を発見!

ここは本来、雨が上から下へ流れる為に、トンネル状になっているはずが、土で詰まって堰き止められていました。

 

地道に土を掻き出して撤去する

地道に土を掻き出して撤去する

屋根の構造上、上から下へ雨水が流れるようになっていますが、下から上に逆流すると雨漏りが起こってしまいます。

通常、下から上への逆流現象は起きませんが、今回のように何かで堰き止められてしまうと、本来の流れから予期せぬ場所へ雨水が流れ込み、結果として雨漏りが起きてしまいます。

 

土がすっかり撤去され、トンネル状になりました

土がすっかり撤去され、トンネル状になりました

そこで堰き止めていた土を丁寧に取り去り、トンネル状の状態に戻してあげました。

 

修復した部分を漆喰で塗り固める

修復した部分を漆喰で塗り固める

さらには屋根しっくいを使用して塗り固め、瓦を固定させました。

 

瓦の固定と土の流出を防ぐ

瓦の固定と土の流出を防ぐ

その他、土が露出している部分も漆喰を塗り、土の流出と雑草予防をしました。

雑草が生えると、雑草の根がはびこり、屋根を破ってしますのですね。

 

下から見ると危なっかしい

下から見ると危なっかしい

しかし、屋根の上は傾斜があるので、足腰にきます。

でも眺望は抜群!

で一応、雨漏りの修復は終了。

天気が良かったので、気持ち良く作業が出来ました。

 

「次はウォークインクローゼットを作る」

壁に貼られたトタンがボロボロ

壁に貼られたトタンがボロボロ

次回からは母屋内の作業、先ずはウォークインクローゼット作り。

その前に、外側から手をつけるつもり。

 

トタンを外すと、土壁が出現。雑草が中まで生えていた様子

トタンを外すと、土壁が出現。雑草が中まで生えていた様子

壁をしっかり補強して、それから内部を作りあげる感じで作業を進めます。

その下準備で、要らない部分であるトタンや桟木の撤去をしました。

そして、今日はここまで。

だんだん、リノベーションが本格化していきそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*