マーケットイベントの第2弾やります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
永く付き合えるものに会える場所

我が家でのマーケットイベントの第2弾!

「永く付き合いたくなるものに会える場所」

日時:2018年2月25日(日) 11:00から17:00

場所:八尾市郡川4-153

入場料はもちろん無料です。

前回のイベントの様子
http://takayasu-style.com/2017/11/18/2017111801/

今回の詳細はコチラ(Facebook)
https://www.facebook.com/events/882357998600232/

 

「チラシが完成しました」

永く付き合いたくなるものに会える場所

永く付き合いたくなるものに会える場所

【コンセプト】
「 ものを大切に永く使うことは、環境負荷を軽減する一つの提案だと思います。
では、永く使いたくなるものはどんなもの?
考え方は人それぞれですが、私たちは”作り手の顔が見えるもの・修理がきくもの”に焦点を当ててみました。
木工、陶芸、革、お菓子・・これらの作家が一軒の古民家に集い、販売を中心としたイベントの第2回目です!
特に木綿関係は必見。河内木綿でできたアイテムの先行予約や、糸紡ぎの体験・洋綿と和綿の両方と触れ合うことができます。
水鳥観察のエコツアーも同時開催!」
(チラシより抜粋)

前回と同様にイベントの詳細はフェイスブックのイベントページにて、最新情報を随時更新していきます。

ブログのほうは、フェイスブックに出ない情報をアップしたいと思います。

個人的には、水鳥観察のエコツアーに行ってみたいと思います。寒いけどね~。

是非是非、宜しくお願いします。

 

「今年に入ってからの手仕事」

話しは変わって、近頃のご近所さんからの依頼で行った大工仕事を紹介します。

イベントでもお世話になりました、陶舎アルスノヴァさんのアトリエに置いている、食器棚兼キッチンカウンターをリノベーション。

昨年からずっと希望されていたので、年明け早々に取り掛かりました。

家具の裏に板を貼る

家具の裏に板を貼る

家具の裏は普段は見ませんが、キッチンカウンターとして使用すると、裏側が丸見え。

今までは柄ものの布で覆っていましたが、もうちょっと手をかけてパリッとさせたいとご依頼がありました。

珪藻土を塗るか、板を貼るかで迷ってらっしゃいましたが、結局は板を貼ることになりました。

板が貼れた。トップにはタイルを張る。

板が貼れた。トップにはタイルを張る。

板が貼れたところ。

トップには不燃材のパネルが貼られていましたが、今回はタイル貼りに変更になりました。

目地剤を軽量して水で溶く

目地剤を軽量して水で溶く

接着剤を塗ってから、タイルをキレイに配置して貼っていき、最後に目地剤を塗りこむ。

目地剤を塗りこむ前

目地剤を塗りこむ前

目地剤を塗りこむ前は、当然ながら溝が露出しています。

目地剤を塗りこんでふき取る

目地剤を塗りこんでふき取る

目地剤を塗り込み、水分を含ませたスポンジで余分な目地剤を削るように拭き取り、完成します。

簡単な作業でしたが、一気に見た目が引き締まり、部屋全体も広く感じられました。

 

次に、ご近所さんの雨戸の作成依頼。

こちらも昨年の台風の時期にご要望があった分でした。

雨戸が雨で朽ちてボロボロに

雨戸が雨で朽ちてボロボロに

雨戸の修理依頼がありましたので、行って雨戸を引き取ってみると、板が風雨でペラペラになっており、雨戸としての用を足さない状態になっていました。

一旦は応急措置をしてお返ししたのですが、今回は全て作り直すということになりました。

オリジナルと作成分と

オリジナルと作成分と

そこで板の部分を分厚くした、頑丈なもので作り直してみました。

雨戸のロック部分

雨戸のロック部分

うまく出来なかったところが、ロックして雨戸を動かなくする部分。

ミリ単位の穴を空けるのに、何度も部品が割れてしまい苦労しました。

ロックさせた状態

ロックさせた状態

何回か作り直して、やっと思うように動作しました。

木材の保護の為に塗装

木材の保護の為に塗装

このままでは木の色が明るすぎるのと、風雨に耐えるようにする為に、木材保護塗料を塗装しました。

保護塗料を塗ったものとの比較

保護塗料を塗ったものとの比較

色の違いが明確に出ました。

木目がしっかり出て綺麗ですね。

雨戸のもともとの色も、年季が入った濃い色だったんで調度良い感じです。

完成した雨戸

完成した雨戸

最後に塗装した部品を組み立てて、完成。

建具もだんだんコツが掴めてきました。

このような依頼があると、勉強になるし、自分自身の技術も上がるので有難く受けさせてもらっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*