古民家リノベーションがスタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前年の12月にバンビーノさんが、高安エリアの千塚という地域で古民家を手に入れました。

その古民家のリノベーションを今年からナント、僕が手がけることになったのです。

僕のようなド素人に大切なお家のリノベ依頼をする、バンビーノさんに脱帽です!

 

「築70年、千塚の古民家はこんな感じ」

玄関から見る家の全体

玄関から見る家の全体

立派なおうちです、入母屋の屋根の形状は威厳があります。

南向きの縁側、小さな庭がある

南向きの縁側、小さな庭がある

縁側からたくさんの光が入ってきます。

縁側の内側、採光が気持ちいい

縁側の内側、採光が気持ちいい

 

板間から6畳の畳部屋を見る

板間から6畳の畳部屋を見る

家の中は結構キレイです。とは言っても掃除必須。
手前のはしごは中2階へ。

純和風な部屋の作り

純和風な部屋の作り

畳がないので雰囲気が出ませんが、ザ・日本家屋って感じ。

離れになっている小屋

離れになっている小屋

この離れの小屋の中にお風呂があります。奥はキッチンに繋がっている。

タイル貼りの昭和レトロなお風呂

タイル貼りの昭和レトロなお風呂

お風呂は若干狭め、このままでは使えないので解体決定。

ガレージ横の離れの小屋

ガレージ横の離れの小屋

この離れの小屋は農機具とかを保管していたんでしょうか。それなりのしっかりした作り。

全体の広さは70坪、家と離れの小屋はコの字型に配置されており、中に庭があります。

 

「まずはお風呂がある離れの小屋から解体スタート」

外からみたガレージと離れの小屋

外からみたガレージと離れの小屋

手前がガレージ、木の後ろが内部を解体する小屋、奥が母屋。

光の加減か、ここはオーブがいっぱい

光の加減か、ここはオーブがいっぱい

この離れの小屋の左側がお風呂、右側は普通の部屋作りで倉庫か保管庫かだったんでしょうか。
計画では内部を一旦全部解体して、改めてお風呂とトイレと脱衣所を作る予定。

天井を落としたところ

天井を落としたところ

まずは倉庫側の天井を落とし、周りの壁になっている板を剥ぐところから。

ご主人様も大活躍で大助かり

ご主人様も大活躍で大助かり

合板の壁板を剥がしたら、漆喰が塗ってある土壁が出てきました。
外からみたらモルタル塗りのコンクリートっぽかったんですが、さすが古民家、中身は土壁でした。

壁をハンマーで叩き壊す

壁をハンマーで叩き壊す

お風呂と倉庫の仕切りの壁をハンマーで叩き壊します。

土壁部分を落としたところ

土壁部分を落としたところ

土壁はなんなく落とせました。

向こう側の壁も落として開通

向こう側の壁も落として開通

お風呂側の壁も簡単に落とすことができました。
が、下のコンクリートは強度が強く、叩き壊すのはかなりやっかい。

叩き壊すのにかなりのパワーと時間がかかった

叩き壊すのにかなりのパワーと時間がかかった

ご主人様と交代しながら、コンクリートをひたすら叩き壊しました。

ガレキだらけ

ガレキだらけ

解体すると廃材が山のように出るし、後で処分が大変

解体すると廃材が山のように出るし、後で処分が大変

解体すると一気に危険な現場に早や変わり。
足元は不安定だし、釘が出てる木材がそこら中に散乱してるしで。

お風呂の周りもコンクリートで固めてあった

お風呂の周りもコンクリートで固めてあった

浴槽の内部が見えてきました。ひとまず今日はここまで。

次回は向こう側の壁も壊して、浴槽を引っ張り出し、床のタイルも剥がす予定です。

初日にしては結構作業が進みました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*