ついにきた、2018年。変化が明らかになる年。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お屠蘇2018

あけましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いします。

毎年の元旦は家族揃ってお屠蘇を飲み、邪気を払い無病長寿を祈ります。

毎年やってるけど、一年に一度、正月って感じがしていいもんです。

 

「親戚のおじさんから畑を新たに借りました」

草ぼうぼうのところが今年から借りた畑

草ぼうぼうのところが今年から借りた畑

昨年の末頃、近所で新たに耕作できる畑を探していました。

すると、遠い親戚のおじさんの畑が空いていて、使ってもいいよと言ってもらえたので今年から借りることにしました。

おじさんは神戸に住んでいるので畑の管理が遠くて大変、僕は自然農なので耕作放棄地のほうが好都合、なので畑をお借りすることは双方にメリットがあると思います。

このようにお互いにとってメリットがあることで、お金のやりとり無く、生活を成り立たせていければいいなと思っています。

これぞ、タカヤススタイル。

背丈の高い草がぼうぼう

背丈の高い草がぼうぼう

しばらくは畑もしていなかったそうで、正真正銘の耕作放棄地。

耕作放棄というよりもジャングル

耕作放棄というよりもジャングル

草が生え放題で、耕作放棄地というより、もはやジャングル。

今使っている畑も最初はこんなんやったっけな、サラリーマンやりながら土日に手作業で草刈りしたなー。

雑草が木になってる

雑草が木になってる

木も生えてるやん!

相当、放棄してたな。

木は根っこから掘り起こさなあかんから、大変で。しかも生きてるやつは特にやっかい。

しかもアチコチに生えてるし!

とりあえずノコギリでカットしまくり。

 

草刈機を借りた

草刈機を借りた

昔みたいにノコギリ鎌を片手に手作業で草刈りをすると、アホほど時間がかかるので、今回はNPO法人のニッポンバラタナゴさんのご好意により草刈機をお借りしました。

ニッポンバラタナゴの加納先生には、いつもお世話になっております。ありがとうございます。

草刈機のパワーはすごい

草刈機のパワーはすごい

やっぱり機械の力はすごいね。

自然農法といえども、こだわりは捨てて最初だけは草刈機や耕運機の力を借りるほうがベター。

刈った草はゆくゆく堆肥になります

刈った草はゆくゆく堆肥になります

丸一日作業して、畑全体400平米の2/3くらいまで終わりました。

刈った草は積み上げて、長い年月をかけて徐々に堆肥となってゆきます。

落ちていた枝は薪となる

落ちていた枝は薪となる

木の枯れ枝とかは、拾い集めて薪にしました。

持って帰って、薪ストーブで燃やして暖をとったり、お湯やお風呂を沸かしたりしました。

こういう時はいつも、豊かさを感じます。

すべては天から与えられているんだなってね。

ところでブログのタイトルと内容が全く関係ないな(笑)

2018年は、だんだん変化が目に見えてやってきますよ~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*