マーケットイベントが大盛況!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
永く付き合いたくなるものに会える場所

我が家でのマーケットイベント、
「永く付き合いたくなるものに会える場所」
が本日開催され、たくさんの方に来ていただき、大盛況で終わりました。

雨の中、わざわざお越しいただいた来場者の皆様、本当にありがとうございました。

また大盛況で開催できましたのも、出店者の方々、運営に携わっていただいたスタッフの皆様のご協力の賜物です。
心より感謝いたします。

 

「永く付き合いたくなるものに会える場所」

「永く付き合いたくなるものに会える場所」とは、まさに我が家のことで、祖父が建てた家を自らリノベーションをして、我が人生の最後までをこの家で、修繕をしながら暮らすという決意が込められています。

この我が家に、ものづくりの作家さんが集い、作り手の顔を見ながら、修理がきくものを見ていただくという趣旨のマーケットイベントでした。

大量生産大量消費が当たり前のこの時代、壊れたら買い換えるのが当たり前の時代、こんな時代だからこそ、愛着を持って末永く接することが出来るモノに焦点を当ててみるということが必要なのではないかと思いました。

 

TandM companyさんと革工房whimさんのブース

TandM companyさんと革工房whimさんのブース

TandM companyさんと革工房whimさんは、どちらも革の小物での出店でした。

どれも素敵な作品でしたが、展示物以外にもオーダーメイドで作品を作っていただけるとのことだったんで、僕もペンケースをオーダーしました。

金額の設定も良心的で、なにより革の質感や色も相談して、自分好みのもので作っていだだけるという、まさにオンリーワン商品を作成していただけるところが嬉しいところですね。

TandM companyさんには全体の運営プロデュースでもお世話になりました。

 

くふう塾さんと竹フレームの自転車

くふう塾さんと竹フレームの自転車

くふう塾さんは、オーダー家具を販売していました。

作品を何点か実物で見たことがありますが、素材のもつ良さを活かしたナチュラルな作品で、さらにいろんな工夫がなされているという、まさに工夫塾さんの作品なわけです。

結構いろいろと要望を聞いてくれて、工夫してくれます。

そのお隣は非常に珍しい、竹のフレームを使ったロードバイク。

作成者はブラジル出身のジェルソンさん。

彼自身、雨にも負けず、1時間ほどかけて我が家まで、竹フレームの自転車で来て参加してくれました!

乗って来られた竹フレームの自転車は玄関に置いていただきましたが、これまた素敵な自転車で、荷物が運搬できるように荷台が設置されているのと、長距離に耐えられるように少し全長が長くなるようにフレームが大きく改造されていました。

和みのひとときこころ塾さんのブース

和みのひとときこころ塾さんのブース

和みのひとときこころ塾さんは、お店でも販売されている米粉を使った焼き菓子、玄米コーヒー、ルイボスティーとお弁当を販売していただきました。

僕もお昼ご飯はこちらのお弁当を頂きましたが、食に非常にこだわりを持つご夫妻ならではの、体が喜ぶ優しい味のお弁当でした。

おかずの内容も他に無い、ユニークで工夫が凝らされたおかず揃いで、特に牡蠣のトマトソース煮込みが美味しかった!

お店で提供されているランチやスイーツも是非、オススメです。

アルスノヴァさんのコーヒーカップ

アルスノヴァさんのコーヒーカップ

アルスノヴァさんは、近鉄河内山本駅前にお店を出店されている、陶器を中心としたセレクトショップです。

我が家の近所にアトリエを持ち、そこで作陶をされています。

今回はわざわざ、このイベントの為に新作の陶器を作っていただきました。

どれもこれも素敵な作品で、特に我が家の雰囲気にピッタリ合う作品ばかりでした。

いずれ我が家でカフェをしたいと思っていますが、その時のうつわは是非このアルスノヴァさんのうつわを使おうと思っています。

また今回のイベントの設えは、アルスノヴァさんにプロデュースして頂き、普段は殺風景な我が家が一気に素敵な空間となりました。

綿打ちのワークショップ

綿打ちのワークショップ

和みのひとときこころ塾さんと僕とで、栽培した洋綿を使っての綿打ちワークショップ。

タネを取った後の綿を、弓のような道具で打ってやると、ふわふわの綿に変身。

その後、糸繰りをして糸に紡いでいきます。

綿打ちを行っている山田さんはヨガの先生で、オープンしてすぐにヨガのワークショップを特別にしていただきました。

山田先生のゆるいヨガ、ゆるヨガは結果を求めない心の負担を極力避けた、リラックスしたヨガを実践されていました。

ニッポンバラタナゴ高安研究会のブース

ニッポンバラタナゴ高安研究会のブース

隣ではニッポンバラタナゴ高安研究会さんが、栽培された河内木綿を使って、糸を紡ぐワークショップをされていました。

糸繰りに使う道具は、インドで使われているチャルカという道具で、みるみるうちに紡がれる糸を繰る姿は、まさに職人技!

耕作放棄地を利用した河内木綿栽培で、土壌を良くし、水や山の資源を守りながら、絶滅危惧種のニッポンバラタナゴの保全活動を行っています。

当日は朝からこの近辺での野鳥の観察イベントも行っており、イベント終了後にこちらのマーケットイベントにも参加していただきました。

クリスマスリース作りのワークショップ

クリスマスリース作りのワークショップ

和みのひとときこころ塾さんが栽培された洋綿のガクや綿を使っての、クリスマスツリーとリース作りのワークショップ。

実は栽培した洋綿のガクがすごくキレイなのです。

これを捨ててしまうのはもったいないということで、ツリーやリースの部品として上手に使って作成されていました。

見た目もすごくカワイくて、他に無い、素晴らしいツリーとリースでした。

自然栽培の野菜

自然栽培の野菜

我が家では、自給用の自然農法で栽培した野菜を提供させていただきました。

日本かぼちゃ、冬瓜、大根、にんにく、サトイモ、ショウガ、下仁田ネギ、九条太ネギ、ニラ、大浦太ごぼう、ミント、間引きニンジン、干し柿など。

特に下仁田ネギと干し柿はあっという間に売り切れました。

ひよこ珈琲さんのきいろブレンド

ひよこ珈琲さんのきいろブレンド

もうひとつ、我が家で提供したコーヒー。

コーヒー豆は、近鉄高安駅から徒歩5分ほどの、自家焙煎ひよこ珈琲さんのきいろブレンドを使用。カフェオレには、くろブレンドを使用させていただきました。

コーヒーのうつわは、アルスノヴァさんの作品で、朱塗りの盆はアルスノヴァさんセレクトの一品、それに嫁さん手作りのクッキーを添えました。

コーヒーの味わいが良いとの評判で、ひよこ珈琲さんで淹れ方を教わった甲斐があったというものです。

 

駐車場

郡川会館の前のスペースを駐車場として使わせてもらいました

会場になる我が家の花谷邸は、信貴山口駅から徒歩10分なので、車でお越しの方もいらっしゃるだろうと予想し、地域の集会所である郡川会館前のスペースをお借りして、駐車場として使わせていただきました。

 

次回は翌年の2月上旬を予定

次回は翌年の2月上旬を予定

第2回目の次回は、翌年の2月上旬頃を予定しております。

また詳細が決まりましたら、随時、フェイスブックやブログで発信していきますので、ぜひとも次回もよろしくお願いします。

僕自身、正直こんなにもたくさんの来場者があるとは予想していなかったので、嬉しい限りだったのですが、誤算としてオープンの10時から夕方の4時過ぎまで、ずっとコーヒーを淹れ続けることとなり、来ていただいた方々に特に何の気を回すこともなく、細やかな対応が出来なかったことが悔やまれます。

様々な課題も見えた第1回目だったんですが、しっかり反省させていただいて、次回に活かしたいと思います。

余談ですが、あまりにも余裕が無く写真を撮っている暇も無かったんで、今回のブログの写真は和みのひとときこころ塾さんが撮影していた写真を使わせていただきました。感謝感謝。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*