奥出雲森田醤油さんの仕込みのお醤油用「麹」を使用した自家製醤油作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラウンドストッカーに麹

醤油を作ってみたいって思っていろいろ調べてたら、面白いキットを発見。
一般的には絞るのが大変だとか、個人では出来ないとかあるみたいだけど、このキットを使えば全然できるやん。で、早速購入して作ってみた。つくれぽ。

奥出雲 森田醤油さん 仕込みのお醤油用「麹」

奥出雲森田醤油さん仕込みのお醤油用「麹」

 

水と塩

水と塩

 

まず、用意したものは、麹、食塩880g、水3.6ℓ、ホーローのラウンドストッカー、てぬぐい。基本的にはこれらを混ぜるだけ。めっちゃ簡単!

ちなみにこの袋の麹には、国産大豆、国産小麦、種麹が3.4kg入ってる。その比率が知りたいけど、それは企業秘密なんやろな。それ知ってたらキット買わなくていいもんな。

このキット、なんと4,000円!塩も入れたら6,400円。で、出来る量は3.6ℓ。ということは一升瓶1.8ℓで3,200円の超高価な醤油が出来る計算。さらに手間賃いれたらいくらになるんかな、なんちゅー贅沢やねん。

もろみを作る

もろみを作る

ラウンドストッカーに袋から麹キットを入れて、水に溶かした食塩水をそこに入れて、混ぜたところ。これを「もろみ」という。

手拭いでフタ

手拭いでフタ

最後に、ラウンドストッカーは密閉せずに、空気が通るように手拭いでフタをして完成。

さてその後は、仕込んだ日は2回、その後1週間は毎日1回かき混ぜる。
1週間から1カ月は2日に1回、2カ月目から3日に1回かき混ぜる。
そして半年から1年ぐらい経ったら、絞って完成ってわけ。

まあこつこつ混ぜて長続きしたら、また絞るときにつくれぽします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*